スクラムチームの構成・役割

スクラムチーム

この記事では、

・スクラム開発では、どのようなチーム構成がいいの?
・どのような役割の人が必要なの?
・ステークホルダーとの関わり方は?

と悩んでいる方に向けて、

・スクラムチームの構成と各ロールの役割/責任
を説明します。

この記事で読んでわかること!
  • スクラムチームの構成がわかる
  • 各ロールの役割の概要がつかめる
  • ステークホルダーとの関わり方がわかる

スクラム開発を学習するにあたり、どのようなチーム構成となるか理解しておきましょう!

スクラムチーム構成

スクラムの基本単位は、スクラムチームという小さなチームです。
スクラムチームは、以下メンバーで構成されます。

スクラムチームの特徴
  • 各スプリントで価値を生み出すために必要なすべてのスキルを備えている。(機能横断型)
  • 誰が何を、いつ、どのように行うかをスクラムチームで決定する。(自己管理型)
  • プロダクトに関して必要となるすべての活動に責任を持つ。(ステークホルダーとの連携、検証、保守、運用、実験、研究開発)
  • 自分たちで作業を管理できるように、組織によって構成され、その権限が与えられている。

スクラムチーム全体がスプリントごとに価値のある有用なインクリメントを作成する責任を持ちます。
そのため、「スクラムガイド」で、プロダクトオーナー、スクラムマスター、開発者の各ロールの責任や役割は明確に定義されています。

各ロールの責任と役割

ここでは、プロダクトオーナー、スクラムマスター、開発者の責任と役割について説明します。
ご自身が担当する可能性があるロールの責任と役割はしっかりと押さえておきましょう!

プロダクトオーナー(PO)

プロダクトオーナーの責任
・スクラムチームから生み出されるプロダクトの価値を最大化することの結果に責任を持つ。

プロダクトオーナーの役割
プロダクトオーナーの責任を果たすために、プロダクトバックログ管理に責任を持つ必要があります。
効果的なプロダクトバックログの管理に以下を実施します。

  • プロダクトゴールを策定し、明示的に伝える。
  • プロダクトバックログアイテムを作成し、明確に伝える。
  • プロダクトバックログアイテムを並び替える。
  • プロダクトバックログに透明性があり、見える化され、理解されるようにする。

※ プロダクトバックログに関しては、別記事で詳細を説明します。
※ 上記作業は、他の人に委任することも可能ですが、最終的な責任はPOが持ちます。

POを上手く機能させるには、組織全体でPOの決定を尊重する必要があります。
POの決定は、プロダクトバックログの内容や並び順、スプリントレビューでのインクリメントによって見える化されています。

とも坊

POは1人の人間であり、委員会とかではないから、スプリントを進める中で、尊敬(Respect)の価値基準を忘れないようにしようね!

「プロダクトオーナー」に関する詳細は、以下の記事をご確認ください。

プロダクトオーナー(PO)
プロダクトオーナーの概要及び、具体的な業務、ノウハウ、資格に関して、初心者向けに簡単に説明しています。POに求めらる役割は理解していただけると思います。実際の業務の前に一読いただくことで、プロダクトオーナーの本質を見失わずに、スムーズに開発に着手できます。この機会に是非ご確認ください。

スクラムマスター(SM)

スクラムマスターの責任
・スクラムガイドで定義されたスクラムを確立させる責任を持つ。

スクラムマスターの役割
スクラムマスターの責任を果たすため、スクラムの理論とプラクティスを全員に理解してもらえるように支援することが大切です。
スクラムマスターは真のリーダーとして以下のように様々な形で支援します。

スクラムチームへの支援
  • チームメンバーをコーチする。
  • 価値の高いプロダクト(インクリメント)の作成に集中できるようにする。
  • スクラムチームの進捗を妨げる障害物を排除する。
  • すべてのスクラムイベントが開催され、ポジティブで生産的であり、タイムボックスが守られるようにする。
  • ステークホルダーとスクラムチームの間の障壁を取り除く。
プロダクトオーナーへの支援
  • 効果的なプロダクトゴールの定義とプロダクトバックログ管理の方法を探すことを支援する。
  • プロダクトバックログアイテムが明確で簡潔であることの必要性をスクラムチームに説明する。
  • 複雑な環境での経験的なプロダクト計画の策定を支援する。
  • 必要に応じてステークホルダーとのコラボレーションを促進する。
組織への支援
  • 組織へのスクラムの導入を指導・トレーニング・コーチする。
  • 組織においてスクラムの実施方法を計画・助言する。
  • 複雑な作業に対する経験的アプローチを社員やステークホルダーに理解・実施してもらう。
とも坊

SMはスクラムのスペシャリストとして、スクラムチームと組織に、スクラムの考え方を理解してもらえるように働きかけることが重要だよ

「スクラムマスター」に関する詳細は、以下の記事をご確認ください。

スクラムマスター(SM)
スクラムマスターの概要及び、具体的な業務、ノウハウ、資格に関して、初心者向けに簡単に説明しています。SMに求めらる役割は理解していただけると思います。実際の業務の前に一読いただくことで、スクラムマスターの本質を見失わずに、スムーズに開発に着手できます。この機会に是非ご確認ください。

開発者

開発者の責任
開発者は以下のことに責任を持ちます。

  • スプリントの計画(スプリントバックログ)を作成する。
  • 完成の定義を守り、品質を作り込む。
  • スプリントゴールに向けて毎日計画を適応させる。
  • 専門家としてお互いに責任を持つ。

開発者の役割
・プロダクト(インクリメント)に関するあらゆる側面を作成することを確約する。

とも坊

開発者が必要とするスキルは、幅広く、作業の領域によって違うけど、専門家として開発者通しがお互いに責任を持つことが大切なんだ!

「開発者」に関する詳細は、以下の記事をご確認ください。

開発者
スクラム開発において、PO・SMの説明はよくありますが、"開発者"に関する記事は少なかったため、開発者の概要及び、具体的な業務、ノウハウ、資格に関して、初心者向けに簡単に説明しています。実際の業務の前に一読いただくことで、スクラム開発者として、スムーズにスクラム開発に入れると思います。ウォーターフォール開発の時とは違うマインドが必要ですので、この機会に是非ご確認ください。

プロダクトとスクラムチームの関わり方

プロダクトに対するWhy, What, Howで役割が分かれます。

スクラムチーム全体で協力し、自分たちの取り組み(Why:なぜ価値があるか)を定義します。
プロダクトオーナーは、プロダクトを通して何を実現するか(What:何を提供するか)を決めます。
開発者は、プロダクトをどのように作成するか(How:どのように実現するか)を決めます。
スクラムマスターは、スクラムチーム全体を支援します。

スクラムチームとステークホルダーの関わり方

スクラムチームがステークホルダーと関わる時は、プロダクトオーナーが窓口となります。
開発者へのフィードバックは、プロダクトバックログを通して行われます。
そのため、ステークホルダーがプロダクトに対する要求を行うときは、プロダクトバックログの管理責任があるプロダクトオーナーに伝える必要があります。
ステークホルダーから直接開発者へ要求事項を伝えることはせずに、プロダクトバックログが開発者への唯一のインプットとなることで、開発者はプロダクト開発に集中することができます。

まとめ

  • スクラムチームは、PO1名、SM1名、開発者複数名の最大10名以下の構成である。
  • POは、プロダクト価値の最大化に責任を持つ。
  • SMは、スクラムの原則や考え方を理解してもらうように働きかける。
  • 開発者は、プロダクトに関するあらゆる側面に責任を持つ。
  • スクラムチーム全体で、「なぜ価値があるか?」を考える。
  • ステークホルダーとの窓口は基本的にPOが担う。
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました