スプリントプランニング

スクラムイベント

この記事では、

・スプリントプランニングってなに?
と悩んでいる方に向けて

・スプリントプランニングの基本ルール・やり方
を説明します。

この記事を読むと以下のことがわかります。

この記事で読んでわかること!
  • スプリントプランニングとは何か
  • スプリントプランニングの基本ルール
  • スプリントプランニングを実施する時の流れ

スクラムイベントの概要を確認したい方は、以下記事をご確認ください。

5つのスクラムイベント
スクラムイベントの概要や推奨されるスプリント期間、スプリント中のスケジュール、各イベントの参加者や発言権に関して説明しています。各スクラムイベントの詳細を学習する前に、スクラムイベントの全体像をしっかりと把握・理解しておきましょう!

スプリントのスケジュールでいうと以下の赤枠部分です。

スプリントプランニングとは?

これから始まるスプリントの目標や作業内容を計画するイベントです。

主に以下の内容について話し合います。
・今回のスプリントでユーザーに提供したい価値が何か?
・その価値を提供するために、どのプロダクトバックログアイテム(PBI)を実施するか?
・選択したPBIをどのように実現するか?成し遂げるか?
・PBIを実施する上で、課題がないか?必要なスキルは備わっているか?
・PBIを完了させるのに必要な時間はどのくらいか?

とも坊

スクラムチーム全員で、スプリントゴールや実施するPBIの実装方法を検討する大切な時間だよ!

プランニングが必要な理由

スクラムチーム内でスプリント目標や作業内容を擦り合わせることで、手戻りを最小限にすることができます。

実施することで以下が可能になります。
・目的にあったインクリメントかどうか、スクラムチーム全員で確認できる。
・実施するPBIに関して、その場でPOに不明点を確認できるため、後々の認識齟齬が少なく済む。
・開発者は、スコープとなっているPBIのタスクを洗い出し、実現可能性や実装方法を検討することができる。(見積り精度が向上する)

基本ルール

タイムボックス
1週間スプリントであれば2時間、2週間スプリントであれば4時間を目安とします。
(スクラムガイドでは、1ヶ月スプリントで最大8時間とされています。)

参加者
PO、SM、開発者ステークホルダー(任意)
(アドバイザーとして、スクラムチーム以外の人を招待するものOKです。)

発言権
・PO、開発者、ステークホルダー(任意)
(SMは、プランニングが正しく運営されるように支援のみ(ファシリテートなど)実施します)

やること
・優先順位が高いプロダクトバックログアイテムをスクラムチームが選択し、プロダクトオーナー、開発者で合意する。
・選択したプロダクトバックログアイテムを開発者がタスクに分解し、見える化する。
 (透明性を高める)

作成物
・スプリントバックログ

プランニングの流れ

【基本的な流れ】

  1. POが今回のスプリントで提供したい価値を宣言する
  2. POと開発者で今回のスプリントで実施するPBIを選択する
  3. 開発者がスプリントで確保できる時間を確認する
  4. 開発者がPBIの受け入れ基準(AC)を確認し、タスクを洗い出す
  5. 開発者がスプリントバックログを作成する
  6. スプリントバックログ完了に必要な時間が、確保できる時間に収まるか確認する
  7. 開発スコープを調整し、POと最終合意をする

※AC:Acceptance Criteria

やりとりイメージ

1. POが今回のスプリントで提供したい価値を宣言する
2. POと開発者で今回のスプリントで実施するPBIを選択する

今回のスプリントでは、ユーザーに〇〇の価値を提供したいと思います!

そのために、プロダクトバックログの上から3つのPBIを実施したいと考えているんだけど、どうかな?

PO
開発者リーダー

確かに〇〇を提供するためには、3つ目のPBIまで、完成させる必要がありそうだね

一旦、今回のスプリントの開発スコープを3つ目のPBIまでとして

スプリントバックを作って見るよ

プロダクトゴールとの関係性が分からなかったり、
他に優先して着手した方が良いPBIがあるようであれば、遠慮なくPOに確認しましょう。

3. 開発者がスプリントで確保できる時間を確認する

まずは、開発者のみんなが今回のスプリントでどのくらい稼働が取れそうか確認しよう

みんなの稼働確保できそうな時間を教えてー

開発者リーダー
開発者A

僕は今回のスプリントは、特に特別な予定も無いので、1日6h×5日は稼働できます

開発者B

私は、1日お休み頂くつもりですので、1日6h×4日の予定です

開発者C

拙者は、兼務業務で1日に2hほど稼働が必要なので、、1日4h×5日の見込みでお願いしたい

了解です。私も24hは確保できると思います

Aさんが30h

Bさんが24h

Cさんが20h

今回のスプリントは、チーム全体で98hだね!

開発者リーダー

各イベントで合計25h必要だから

デイリー:0.25h * 5日 * 4人 = 5h

プランニング:2h * 4人 = 8h

リファインメント:1h * 4人 = 4h

レビュー:1h * 4人 = 4h

レトロ:1h * 4人 = 4h

実際に開発にかけられる時間は73hだね!

開発者リーダー

各スクラムイベントに必要な時間を忘れないようにしましょう!

4. 開発者がPBIの受け入れ基準(AC)を確認し、タスクを洗い出す
5. 開発者がスプリントバックログを作成する

ねーPO

1つ目のPBIで〇〇を実施する理由がわかりませーん!

それから、ACに「フォントサイズ」などの情報が無いですがどのようにしたらいいですかー?

開発者A
PO

実施理由には記載できていなかったけど、

カスタマーレビューの傾向を分析して、ユーザーの潜在的に〇〇があるとわかったんだ。

文字フォントなどは、全体で共通だから別資料で記載しました。

リンク追加しておきます。

カスタマーレビューの分析結果を元に追加されたPBIだったんですね。理解理解。

このPBIを実現しようとすると、

▲▲を作る必要があるね。

××の部分はオープンソースがありそうだから、調べる見たいね!

開発者B
開発者リーダー

スプリントバックログにするとこんな感じだね

PBI-1:〇〇機能を作成する

SBI-1:環境接続のための申請をする(15分)

SBI-2:▲▲に必要な環境を作成する(30分)

SBI-3:接続確認をする(15分)

SBI-4:▲▲を作成する(3時間)

SBI-5:▲▲をテストする(1時間)

SBI-6:▲▲をチーム内レビューする(30分)

SBI-7:xxのオープンソースが利用できるか調査する(1時間)

SBI-8:[xxオープンソース利用可の場合]組み込み(2時間)

SBI-9:xxをテストする(1時間)

SBI-10:xxをチーム内レビューする(30分)

SBI-11:▲▲とxxを結合し、テストする(1時間)

【PBIテンプレート】
(実施理由)

「〇〇をすることで、□□が、××できるようになりたい。なぜなら▲▲だから。」

(ACリスト)
 AC-1:表示される画面が、画面イメージ1の通りになっていること
 AC-2:入力フィールドに、入力値チェックが導入されていること
    (入力値チェックパターンは、別紙「入力値チェック表」を参照)

【タスク粒度】
30分〜1時間程度にできるとベストです!(最大でも1日以内に完了できるもの)
※タスクは、ポイントではなく、時間で見積ります。

6. スプリントバックログ完了に必要な時間が、確保できる時間に収まるか確認する
7. 開発スコープを調整し、POと最終合意をする

1つ目のPBIは合計で11時間かかる想定。

同様に2つ目、3つ目のスプリントバックログを作成したところ

2つ目は24時間、3つ目は30時間かかる見込み

開発者リーダー
開発者A

合計で65hとなり、稼働予定の73hに収まりますね

では、今回は開発スコープを調整する必要なさそうですね

4つ目のPBIも先に実施できたりしますか?

PO
開発者C

4つ目は完了までに追加で24時間かかるので、時間が足りないでござる

残りの8時間を使って、次のスプリントで必要な技術調査を行いたい

わかりました。

では当初予定通りPBIは3つ目までとして、

残り時間は、次スプリント以降の技術調査に使いましょう

PBIに、技術調査のスパイクを作成しておきます

PO

※スパイク:リリース可能なプロダクトを作るのではなく、質問に答えたり情報を収集したりすることを目的とした作業。 

見積り時間が溢れた場合は、POにスプリント内で完了できないリスクがあることを伝えましょう。
それでもやってみるのか。収まるようにPBIをドロップするのかを相談します。
(基本は収まるようにPBIを調整します)

まとめ

  • プランニングは、スプリントの目標や作業内容を計画する時間。
  • タイムボックスは、1週間スプリントであれば2時間、2週間スプリントであれば4時間が目安。
  • プランニングで、POと開発者で開発スコープの合意をする。(今回のスプリントどのPBIを実施するか)
  • 開発者は、PBIからタスクを洗いだし、スプリントバックログを作成する。
  • タスクは、30分〜1時間で完了する粒度とし、ポイントではなく時間で見積る。
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました