完成の定義(DoD:Definition of Done)

スクラムの作成物

この記事では、

・DoDってなに?
・完成の定義がうまく機能しない、、、

と悩んでいる方に向けて

・DoDの概要と効果的な運用方法
を説明します。

この記事を読むと以下のことがわかります。

この記事で読んでわかること!
  • 完成の定義(DoD)とは何か
  • DoDの作成方法
  • DoDを効果的に運用するためのTips

スクラム作成物の概要を確認したい方は、以下記事をご確認ください。

スクラムの作成物(5選)
「スクラムガイド」で定義されている、プロダクトバックログ、スプリントバックログ、インクリメントと完成の定義に関して、画像多めでわかりやすく説明しています。スクラム開発を実施する上で、基礎であり、最も重要な作成物ですので、作成理由とアウトプットのイメージをこの機会にしっかりと理解しておきましょう!

完成の定義(DoD)とは

開発したプロダクトを「何を持って完成」とするかを定義したものです。

DoDはスクラムチームが作成します。そのため、チームの成熟度によって内容が変わります。
スクラム開発をするためには、DoDの作成は必須ですので、この機会にポイントをしっかりと押さえておきましょう!

DoDイメージ:

※「スクラムガイド」に定義されており、「Doneの定義」や「完了の定義」と呼ばれることもあります。

DoDの作成方法

DoDの作成方法を簡単に説明します。

【基本ルール】
・作成者
 DoDはスクラムチーム(PO、SM、開発者)が作成する。
 ※ 品質担保のために最低限必要な内容を自分たちで決めます。

・作成タイミング
 スプリント開始前に作成する。
 ※「スプリント0」の期間で作成することが多いです。

・タイムボックス
 1日程度を目安に作成する。
 ※ 全て網羅し定義するのではなく、はじめのうちは項目を少なくすることがオススメです。

【作成手順】
1. 品質担保のために必要であると思うことを洗い出す。
2. どの時点(PBI, スプリント, 内部リリース, 正式リリースなど)で実施しておくべきか分類する。
3. DoDとするか、PBIとして切り出すか検討する。
4. スクラムチームでの検討結果からDoDを作成する。
5. 作成したDoDをチームがいつでも見れる場所に掲示する。

※ プロダクトバックログの「受け入れ基準(AC)」との違いを意識しましょう!
 受け入れ基準は、機能的な要件が満たせているかを判断するためのものです。

DoDのメリット

  • リリース可能となるまでのタスクとその時間が、チーム内で共有・合意される。
  • 開発者ごとの品質のバラつきがなくなり、プロダクトの品質が安定する。
  • ステークホルダーや上司から、後から品質基準にダメ出しされることを防ぐ。
とも坊

スプリント後半に、未実施のテストが貯まらないように、あらかじめ関係者へ品質基準を合意しておくことも大切なんだね!

DoDのTips

DoDが守れないチームは、以下のTipsを取り入れてみてください。

  1. チーム成熟度が低い場合は、DoDの項目は軽量にする。(少なくする)
  2. DoDに項目に対して、スクラムチーム全員の認識があっていることを確認する。
  3. DoDに追加したい項目も、はじめのうちはプロダクトバックログアイテムで管理する。
  4. スプリント開始後は、項目を削らない。(DoDの項目削減 = 品質を下げると同意)
  5. 自動化できるものは、なるべく自動化する。
  6. 定義する内容は曖昧にしない。(Yes or Noで判断できるようにする)

まとめ

  • 完成の定義(DoD)とは、開発したプロダクトを「何を持って完成」とするかを定義したもの。
  • DoDは、スプリント開始前にスクラムチーム全員で作成する。
  • チーム成熟度が低いうちは、DoDはできる限り少なくし、PBIとして切り出すようにする。
  • スプリント開始後に、項目を削らない。
  • なるべく自動化を検討し、DoDの軽量化を目指す。

参考資料

スクラムガイド
Ryuzee.com

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました