スプリントレビュー

スクラムイベント

この記事では、

・スプリントレビューってなに?
と悩んでいる方に向けて

・スプリントレビューの基本ルール・やり方
を説明します。

この記事を読むと以下のことがわかります。

この記事で読んでわかること!
  • スプリントレビューとは何か
  • スプリントレビューの基本ルール
  • スプリントレビューを実施する時の流れ

スクラムイベントの概要を確認したい方は、以下記事をご確認ください。

5つのスクラムイベント
スクラムイベントの概要や推奨されるスプリント期間、スプリント中のスケジュール、各イベントの参加者や発言権に関して説明しています。各スクラムイベントの詳細を学習する前に、スクラムイベントの全体像をしっかりと把握・理解しておきましょう!

スプリントのスケジュールでいうと以下の赤枠部分です。

スプリントレビューとは?

スプリントの成果物をステークホルダーに披露し、フィードバックを得るイベントです。

スプリントレビューはスクラムイベントの最後から2つ目に実施するイベントです。
インクリメント(スプリントの成果物)を披露し、フィードバックを引き出します。
フィードバックを元に、
プロダクトバックログの項目を追加したり、削除したり、順番を入れ替えたりします。

スプリントレビューが必要な理由

フィードバックからPBLを見直し、プロダクト価値を最大化するため。

プロダクトバックログの作成時に、
ユーザーへの価値が最大となるバックログを作成したとしても、
実際にユーザーが利用すると新たな要望が生まれたり、
取り巻く環境の変化で新たに必要な機能や不要になる機能が出てきます。

スプリントレビューのデモを通して、
・プロダクトがユーザーにとって価値のあるものになっているか。
・スプリント中の状況変化がないか。

を確認(検査)し、それを元にプロダクト価値の最大化を図ります(適応)。

とも坊

フィードバックに元に、PBIの優先順位は入れ替えて、価値を最大化できるようにするためにあるんだね。

基本ルール

タイムボックス
1週間スプリントであれば1時間、2週間スプリントであれば2時間を目安とします。
(スクラムガイドでは、1ヶ月スプリントで最大4時間とされています。)

参加者
PO、SM、開発者、ステークホルダー(任意)
 ※ステークホルダーは、全員を呼ぶのではなく、必要な時に必要な人を呼ぶようにしましょう。

発言権
PO、開発者、ステークホルダー
 ※SMはファシリテートのみ実施します。

やること
・PO
 - プロダクトバックログのACが達成できているか事前に確認する。
 - 事前に参加者(特にステークホルダー)を決定し、会議招集をしておく。
 - レビュー結果を元に現在のPBLを見直す。

・SM
 – 参加者にスプリントレビューの目的を理解してもらう。

・開発者
 – レビュー時のデモの準備をする。

・ステークホルダー
 – 利用者の視点でプロダクトをレビューする。

・全員
 – スクラムチームとステークホルダーで、プロダクトをより良くするために話し合う。
 

作成物
プロダクトバックログ
(レビュー後、フィードバックを元に必要に応じて更新する)

スプリントレビューの流れ

【基本的な流れ】
以下の順番に実施するとスムーズに進行できると思います。

  1. スプリントレビューの目的を簡単に説明する。(初回のみ)
  2. スプリントゴールを共有する。(理由も合わせて)
  3. 本スプリントで実施したもの、実施できなかったものを共有する。
  4. レビュー時の前提条件を共有する。
  5. プロダクトのデモを実施する。
  6. デモを通して、フィードバックやQAを実施する。
  7. スプリント中の状況変化などないか確認する。
  8. 直近のスプリントや今後のリリース計画を共有する。

やりとりイメージ

POは、フィードバックを書き留めたり、議論により集中する必要があるため、
SMが全体のファシリテートを実施し、開発者がデモをすると良いでしょう。

1. スプリントレビューの目的を簡単に説明する

スプリントレビューをはじめます。

よろしくお願いします。


初めて参加される方もいますので、
簡単にスプリントレビューの目的を説明します。

スプリントレビューとは〇〇です。


本開発では、スプリント期間が1週間ですので、スプリントレビューは1時間を目安に実施します。

では早速、POから本スプリントのゴールとインクリメントに関して、共有をお願いします。

SM

2. スプリントゴールを共有する。(理由も合わせて)

PO

本スプリントのゴールはユーザーが〇〇できることです。

スプリントゴールを達成することで
ユーザーが〇〇できるようになり、
プロダクトゴールの〇〇を提供するを実現することができます。

そのために、本スプリントでは、以下4つのPBIを目標にスプリント開始しました。

・ユーザーが〇〇できる

・ユーザーが〇〇できる

・ユーザーが〇〇できる

・ユーザーが〇〇できる

(例)
・スプリントゴール
 ユーザーが月額課金でサービスを利用することができる。
・実施する理由
 これにより、ユーザーがサービスの利用可否を毎月選択することができ、
 ユーザーがサービスが不要な期間の支払いを避けることができるため。
・PBI
 - ユーザーが月額課金の利用規約を確認できる
 - ユーザーが月額課金の決済方法を選択できる
 - ユーザーが月額課金の申し込みを実施することができる
 - ユーザーが月額課金を停止/キャンセルすることができる

3. 本スプリントで実施したもの、実施できなかったものを共有する。

PO

スプリント中に開発者の一人が風邪で数日お休みをとった関係で、

「ユーザーが月額課金を停止/キャンセルすることができる」が

開発途中のため「UnDone」となっています。

そのため、レビューでは3つのPBIをデモします。

4. レビュー時の前提条件を共有する。

PO

また、レビュー時の観点ですが、

画面レイアウトは、今後差し替える想定なので、

文字サイズや表示画像などの画面デザインに関するFBは不要です。

5. プロダクトのデモを実施する。

私の方でデモを実施させていただきます。

==既存プロダクト操作==

1. アプリを起動

2. ログインし、「マイページ」に遷移


==今回のインクリメント==

3. マイページのメニューより、「月額課金への切り替え」ボタンを押下

4. 月額課金の利用規約が表示される

5. スクロールし「同意」ボタンを押下

6. 「支払方法の選択」画面に遷移

7. 決済方法をリストより選択、「次へ」ボタンを押下

8. 決済情報を入力し、「月額課金に申し込む」ボタンを押下

9. 「申し込み完了」画面が表示される

以上です。

開発者A

6. デモを通して、フィードバックやQAを実施する。

ステークホルダー

デモありがとうございます。

今使っていて思ったのですが、

月額課金を申し込むタイミングで年間で金額を表示できないかなー?

利用規約の中に金額の記載があるのですが、それではわからないでしょうか。

PO
ステークホルダー

利用規約はしっかりと読んで欲しいんだけど

読み流してしまうユーザーも多いと思うので、

「あれ、月額課金でいくらかかるの?」ってなりそう。

確かに、、、私も熟読したことはないですね、、、

PO
ステークホルダー

あと、3ヶ月単位や半年単位での契約も考えていて、

月額課金よりも割引になるような料金設定にしようと思ってます。

なので、申し込みタイミングで「月額課金:〇〇円」とはっきりと表示して

今後別のプランがでた時に「3ヶ月契約:〇〇円(月額課金よりも〇〇円おトク!)」

って感じで、長期プランへの誘導をしたいと思ってました

なるほど、今後の要件追加も見越しているということですね

要件追加関連の機能は今は実施せずに、要件追加が確定したタイミングでの機能追加となりますが、

利用規約内の記載のみでは、ユーザーが月額でかかる金額を把握しにくいということは納得できるので、

見せ方を検討したいと思います。

その場合、利用規約内の文言にも月額でかかる金額の記載は残した方が良いでしょうか?

PO
ステークホルダー

こちらで法務に確認してみますね!

お願いしまーす!

PO

7. スプリント中の状況変化などないか確認する。

スプリント実施中に、状況が変化したなどあれば、共有お願いします!

SM
ステークホルダー

先日、他部門から本システムを別のサービスでも利用さして欲しいと相談受けました。

仮に、別サービスでも利用することになるとどのような影響がありますでしょうか?

既存のシステムのインターフェースを利用してもらえるのであれば、大きな影響はないです。

ただ、UIを本サービスのイメージカラーとなるように作成してたので、

他サービスでも利用するシステムになるなら、

汎用的なデザインに変更した方がいいかもです。

PO
ステークホルダー

なるほど、以下2点確認します。

・インターフェースは既存システムの物を利用でいいか。

・UIデザインにこだわりはあるか。

お願いします!

UI関連は、次のスプリントの作業には影響ないので、急ぎではないです。

インターフェースが変更になる場合は、影響が大きいので、

スケジュールの見直しが必要です。

確定次第、早めに共有お願いします!

PO
ステークホルダー

了解です!

8. 直近のスプリントや今後のリリース計画を共有する。

スプリントレビューのコメントを受けて、

「月額課金の金額表示を申し込み時に表示する」は次のスプリントで対応したいと思います。

その後は、当初計画通り

「月額課金のキャンセル申し込み」機能の開発を進めます。

PO
ステークホルダー

スプリント計画に大きな影響や変更はないとのことで、了解です!

引き続き、よろしくお願いします!

まとめ

  • スプリントレビューは、スプリントの成果物をステークホルダーに披露し、フィードバックを得るイベント。
  • タイムボックスは、1週間スプリントであれば1時間、2週間スプリントであれば2時間が目安。
  • 実際に動く物を触って、利用者視点でレビューする。
  • フィードバックや状況の変化をプロダクトバックログを適応する。
  • プロダクトの現状と今後の見通し(リリース時期)に関して話し合う。
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました