【無料体験】Tech AcademyでPython機械学習入門コースが体験できる!今ならAmazonギフト券500円がもらえる!

【簡単解説】リファインメントの基本ルール・失敗例など

Refinement-Topスクラムイベント

この記事では、
・リファインメントってなに?
・リファイメントの正解がわからない
と悩んでいる方に向けて

・リファインメントの基本ルール・やり方
・リファインメントの失敗例やノウハウ
を説明します。

この記事を読むと以下のことがわかります。

この記事で読んでわかること!
  • リファインメントの概要が理解できる
  • リファインメントのやり方がわかる
  • より効果的なリファインメントが実践できる

スクラムイベントの概要を確認したい方は、以下記事をご確認ください。

【習得必須】5つのスクラムイベントの概要を簡単解説
スクラムイベントの概要や推奨されるスプリント期間、スプリント中のスケジュール、各イベントの参加者や発言権に関して説明しています。各スクラムイベントの詳細を学習する前に、スクラムイベントの全体像をしっかりと把握・理解しておきましょう!

スプリントのスケジュールでいうと以下の赤枠部分です。

※この記事では以下の略称を使用します。
 PBL = プロダクトバックログ
 PBI = プロダクトバックログアイテム
 PO = プロダクトオーナー
 SM = スクラムマスター

スポンサーリンク

リファイメントとは?

refinement

リファインメントとは、プロダクトバックログアイテムをより詳細にするイベントです。プロダクトオーナーと開発者が継続的に実施するプロセスであり、プロダクトバックログアイテムの内容や優先順位、見積り(ストーリーポイント)などを情報を確認し、プロダクトバックログアイテムを詳細化します。

リファインメントの目的・メリット

[目的]
リファインメントを通して、プロダクトバックログアイテムを詳細化・細分化し、プロダクトオーナーと開発者がプロダクトバックログアイテムの開発スコープや内容に対して共通の認識を持つことが目的です。

リファインメントを実施することで得られる具体的なメリットは以下です。
[メリット]
・直近のスプリントで実施するPBIを細分化することで、チーム内の認識齟齬が少なくなる
・PBIを細分化することで、見積りが簡単になる(見積り精度が向上する)
・開発者がPOに対して、プロダクトビジョンや方向性を確認する時間が確保できる
・PBIの追加や優先順位の更新を定期的に実施することができ、より価値のあるプロダクトが作れる

とも坊

開発初期はチーム内の認識を合わせるための時間が非常に大切です!
予め計画に入れていないと実施できないことが多いため、
1週間に2時間程度の枠を抑えておきましょう!

スポンサーリンク

リファインメントの基本ルール

タイムボックス
以下時間を目安に設定する。
1週間スプリントの場合:1〜2時間 
2週間スプリントの場合:2〜4時間
 ※それぞれ1時間枠 × 2、2時間枠 × 2に分割しての実施でもOKです。

参加者/発言権

refinement-participant

※スクラムマスターは、ファシリーテートやアドバイスは可能です。

やること
[開発者]
・優先順位を変更したいプロダクトバックログアイテムがないか検討し、POに共有する
プロダクトバックログアイテムの詳細や受け入れ基準の内容をPOに確認、調整する
プロダクトバックログアイテムのストーリーポイントを見積る
・POにストーリーポイントの見積根拠を共有する

[プロダクトオーナー]
・開発者から優先順位を変更したいプロダクトバックログアイテムがないか確認し、優先順位を見直す
・開発者から新たに登録したいプロダクトバックログアイテムがないか確認し、優先順位を見直す
優先度の高いプロダクトバックログアイテムの詳細と受け入れ基準を説明する
開発者と話し合い、プロダクトバックログアイテムの細分化や受け入れ基準を調整する

[スクラムマスター]
スクラムチームがリファインメントの目的を理解できるように説明する
・スクラムチームのリファイメントがスムーズに進むようにファシリテートする

作成物
 - プロダクトバックログ

リファイメントのやり方

【基本的な流れ】
プロダクトオーナーがファシリーテートしながら以下の順番で進める。
※慣れるまではスクラムマスターがファシリテートする。

事前準備:
プロダクトオーナーは、顧客やステークホルダーからの新たな要求に対するプロダクトバックログアイテムを作成し、優先度順に並び変えておく。

  1. 優先順位の変更や新たに追加したいプロダクトバックログアイテムがないか開発者に確認する
  2. 開発者の提案を受けて、プロダクトオーナーがプロダクトバックログアイテムを優先度順に並び替える
  3. 優先度の高いプロダクトバックログアイテムから詳細と受け入れ基準を説明する
  4. プロダクトオーナーの説明を受けて、実施理由(価値)やリスク、依存性について話し合う
  5. 必要に応じて、プロダクトバックログアイテムの細分化やspikeの追加を行う
  6. 開発者は、プラニングポーカーにてPBIのポイントを見積る

以降、No3〜6を繰り返します。

とも坊

直近1,2スプリントで実施するプロダクトバックログアイテムを
リファイメントを通して細分化できるようにしよう!

リファイメントのよくある失敗例

みなさんのチームのプロダクトバックログで以下に当てはまっているものがないか確認しましょう。
以下の状態でプロダクトバックログのリファイメントを実施しても目的を達成することができないので注意しましょう!

【リファインメントのよくある失敗例:チェックリスト9項目】

・なぜ必要かわからないプロダクトバックログアイテムがある(優先順位が適切でない)
・完了させるまでに1日以上かかるプロダクトバックログアイテムがある
・プロダクトバックログアイテムの内容が抽象的である
 (画面イメージがない、条件などの仕様が提示されていない等)
・非機能要件に関するプロダクトバックログアイテムがない
・プロダクトバックログアイテムの受け入れ基準が明確でない
・スプリントレビューでデモする方法がわからない
・プロダクトバックログアイテムの説明事項に不確定要素が多い
・直近の作業説明のみとなっており、プロダクトゴールや今後のビジョンに対する共有がない
・プロダクトバックログアイテムが開発者に共通認識が持てるサイズに細分化されていない

とも坊

リファインメントをしているとストーリーポイントを出すこと(見積りすること)に集中しがちです。
プロダクトバックログアイテムが作業可能な状態(Readyな状態)になっているか確認するようにしましょう!

リファイメントの効果を最大化するためのノウハウ

「よくある失敗例」の裏返しの内容も多いですが、リファインメントの効果を最大化するための取り組みを共有します。皆さんのチームで取り入れられそうなものがあれば、是非チャレンジしてみてください。

・見積り対象のプロダクトバックログより優先度が高いものがないか確認する
 (スプリント中に依頼されたもの、割り込みにより現在のスプリントからドロップしたもの等)
・ストーリーポイントを見積る前に、受け入れ条件の内容をプロダクトオーナーに確認する
・プロダクトオーナーなしでリファイメントを実施しない
・非機能要件が明確になっているか確認する
・画面作成がある場合は、表示内容や遷移先の内容を確認する
・1日以上かかりそうなプロダクトバックログアイテムは分割する
・ストーリーポイントの見積り時に、実装イメージや作業内容の想定を共有する
・見積り対象は、直近1,2スプリント分とし、それ以降の見積りは実施しない
・ストーリーポイントの見積り完了時点で、1スプリントのキャパシティを超えていないか確認する

とも坊

一度に全てのノウハウを試してみるのではなく、スプリントを重ねる中で一つずつ取り入れてみましょう!

まとめ

  • リファインメントは、プロダクトバックログアイテムをより詳細にするイベント
  • リファインメントの目的は、スクラムチーム内の認識をすり合わせること
  • タイムボックスは、1週間のスプリント場合は1〜2時間、2週間スプリントの場合は2〜4時間が目安
  • PBIを小さく分割し、詳細化することで、見積りのしやすさ、正確さが向上する
  • PBIの見積りまで実施し、PBIをReadyな状態にする

参考資料

いちばんやさしいアジャイル開発の教本
Ryuzen.com

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました